会社経営が危うくなったら事業譲渡に任せよう

男女

ビジネスチャンスを掴む

男女

難しくないけど確実に

近年、香港の経済成長が注目されております。日本国内でのビジネスが飽和状態にある今、アジアへ進出して世界展開する為に、まず香港で会社設立を検討する経営者は多いです。香港は中国と比べると、会社設立に関する法律がしっかり整備されていて、比較的進出がしやすいです。今後、香港でビジネス拡大を考えている人の為に、会社設立を確実に行う方法について説明します。まず最初に、香港での会社名を決める必要があります。会社名は、英語でも中国語でも可能です。会社名を決める際、既に類似している商号が登録されていないか、しっかり調査しておく事が重要です。続いて、資本の出資者と取締役を決めます。それぞれ、1名以上選定する必要があります。その後、香港での登記住所を準備します。香港では会社設立前に、オフィスの賃貸契約は出来ません。そこで住所をレンタルするサービスがありますので、ぜひ利用する事をお勧めします。次に、登記資料の作成を行って会社登記所で会社設立を執行します。手続きに関わる作業は、会社設立の専門アドバイザーにお願いすると良いです。会社登記が無事終了しましたら、商業登記に入ります。この作業は、会社設立後1か月以内に税務局で行うことになります。ここまで来れば、ほぼ会社設立はほぼ完了です。後は、法人口座の開設を行います。最近は通信の発展に伴い、口座の管理をインターネット上で行うことが可能になっております。最後に株式を発行して、終了となります。