会社経営が危うくなったら事業譲渡に任せよう

男女

工場を借りる際の手順

工場

短期間で操業開始へ

国内で最も多くの事業所数を抱える工業地帯の中でも、古くから工業が盛んだった大阪市には特に多くの工場が存在します。製薬業や化学工業・鉄鋼産業・電機工業は国内有数の水準にあると言われており、大阪市は日本のモノ作り産業を長く支えてきました。現在でも新たに操業を開始する工場が大阪市内で数多く見られ、その技術力は日々進化を遂げているのです。工場での操業を開始するためには、工業用地を取得して新たに工場を建設する方法に加え、既存の貸工場を借りる方法もあります。大阪市内にはそうした貸工場も多く存在しますが、借りる際には都市計画や公害防止・環境への配慮といった要素を考慮して物件を選ぶことも必要です。操業によって発生する騒音や排水・廃棄物は業種によって異なり、出入りする大型車の種類によっても近隣への影響が大きく左右されるからです。自社の製造工程に求められる条件にうまく合致した貸工場の物件が見つかれば、工場を新築する必要がなくなるため低予算での操業開始が実現します。一般に新築の場合は操業開始まで1年前後を費やすと言われており、工業用地を取得して整備する場合はさらに時間がかかるものです。短期間で操業が開始できて資金も早く回収できる貸工場は、製造業を開業するようなケースにも多く利用されています。電気容量や荷物用リフト等の設備、大型車が出入りできるかどうかといった細部の条件については、貸工場を実際に内見した方が確実です。不動産業者とのヒアリングから内見を経て物件を詳細に検討し、申込みの後に審査が行われて本契約が成立すれば希望条件に合った貸工場が使用できるようになります。法人向け物件を取り扱う不動産業者と仲介契約を結んだ場合は、非公開物件の貸工場でも紹介してもらえます。住宅物件でも非公開情報の中に優良物件が多く含まれていますが、需要の多い大阪市の貸工場物件は特にそうした傾向が強いのです。