会社経営が危うくなったら事業譲渡に任せよう

男女

会社を売却するには

ウーマン

売却交渉の進め方

諸般の事情によって会社の経営から身を引くことになった場合は、廃業か会社売却かの選択に迫られます。多くの経営者は従業員の生活を守るため可能な限りの会社存続を願っており、会社売却への道を選ぶものです。事業譲渡や吸収合併・会社分割など多くの売却手段が挙げられますが、いずれも売却先企業の選定から交渉に至るまでの道を独力で切り開いていくのは容易でありません。M&A仲介業者が間に入った方が売却交渉もスムーズに運び、少しでも有利な条件での会社売却が実現する確率が高くなります。M&A仲介業者を利用した会社売却の手順は、まずアドバイザー契約を締結して買い手側企業に提案するための資料を作成することから始まります。仲介業者の側では同時に多くの買い手側企業とも契約しており、相手企業の条件に応じて基本的な情報が検討されます。この時点の資料はノンネームの企業概要書ですが、候補先が絞り込まれるとネームクリアの段階に進み、企業名と重要情報が相手企業に公開されるのです。売り手企業と買い手企業の双方が前向きな姿勢を示した段階に至って経営者同士の面談が実現し、M&Aアドバイザーが調整役となって交渉が進められます。さらに一歩進んで基本合意契約に至った後に、デューデリジェンスと呼ばれる財務調査・法務調査を実施するのが一般的です。買い手企業がその調査報告を検討した上で取締役会・株主総会での承認が得られれば、最終譲渡契約の締結によるクロージングに至ります。最終的な合意に達してディスクロージャーと呼ばれる発表を行うまでのプロセスは、決して平坦な道のりではありません。すべて独力でこうした会社売却交渉を進めるのは多くの困難が予想されるために、大半の企業はM&A仲介業者を利用しています。交渉過程では会社売却を検討している事実が外部に漏れないようにする必要もありますので、秘密保持の観点からもM&A仲介業者の役割は大きいのです。