会社経営が危うくなったら事業譲渡に任せよう

女の人

工場を借りる際の手順

工業が盛んな大阪市では貸工場も多く、うまく使用目的に合った物件が見つかれば低予算・短期間での操業開始が可能です。貸工場を借りるには都市計画や公害防止の観点から、最適な物件を見つけ出す必要もあります。貸工場など法人向け物件を専門とする不動産業者に仲介を依頼すれば、非公開の優良物件を紹介してもらえます。

ウーマン

会社を売却するには

M&A仲介業者を利用した会社売却の手順では、契約後に個別相談と資料作成が行われるのが一般的です。この時点では売り手側企業の情報はノンネームで買い手候補の企業に検討され、条件に合わせた絞り込みを経て双方の面談が実現します。交渉が進められる過程でデューデリジェンスが実施され、クロージングへと至るのです。

男女

ビジネスチャンスを掴む

香港で会社設立を行うには、最初に会社名を決めます。その後、出資者と取締役を1名上選任し、香港での登記住所を準備します。そして登記資料を作成後、会社登記所にて会社設立を執行します。会社登記が無事に終了したら、商業登記を行います。最後に法人口座を開設し、株式を発行して終了です。

事業の譲渡

オフィス

小回りの利くM&A

事業譲渡はM&Aの手法の1つで、会社の事業の全部ではなくその一部を別の会社に譲り渡すことをいいます。事業用不動産の売却など、資産の一部を譲り渡す場合もこれに該当します。事業譲渡を行う場合は、譲り渡す側と譲り受ける側のそれぞれの最高意思決定機関、つまり株式会社であれば株主総会において、事業譲渡を行う旨を特別決議によって決定する必要があります。ただし、譲渡の対象となる資産の簿価総額がそれぞれの会社の20パーセントを越えない場合、もしくは定款で特に定める比率を超えない場合は、株主総会での決議を省略することができます。譲渡の決定後、決議に反対した株主にあっては、株式買取請求権の行使が認められます。ただし、譲渡と同時に解散する場合はこの限りではありません。譲渡金額の算定方法や顧客・従業員の引継ぎ等の細目については、両社の協議によって決定されます。この点は、同じM&Aでも雇用等を原則としてそのまま引き継ぐ企業買収とは性格を異にします。公平な内容を担保するため、コンサルティング会社等が仲介するケースも珍しくありません。なお、債務を抱えた状態で事業譲渡を行う際は、事前に債権者の合意を得ることは信義上当然のこととして求められています。事業の譲り渡しによって発生した利益は、法人所得として課税の対象になります。ただし繰越欠損金等がある場合は損益通算が可能です。一方、譲り受けた側においては、資産に不動産が含まれている場合は不動産取得税等を負担する必要が生じます。